2017年9月30日(土)10時より、公益財団法人アイメイト協会にて第451期卒業式が開催され、東京ウィルライオンズクラブからは3名が参加しました。アイメイト協会は今年創立60周年を迎えます。当クラブは視覚障がい者支援として 11年間継続、東京石泉ライオンズクラブと合同で音声点字腕時計を記念品としてプレゼント、年8回の卒業式に参加しています。今回、会長L石橋みどりは塩屋隆男理事長に音声点字時計購入費を贈呈いたしました。卒業式は地元議員、東京桜田門LC、東京石泉LC、立正佼成会、アイメイト後援会、アイメイト同窓会、訓練指導員、訓練中のアイメイトが出席し、新たなアイメイトとの門出をお祝いしました。卒業生はアイメイトと共に厳しい1か月間の訓練、試験に合格し、この日を迎えられ喜びも一入でした。

※写真の上にマウスポインタをのせると拡大されます。

アイメイト協会の前で。塩屋隆男理事長と訓練中のアイメイト候補犬、会長L石橋みどり、社会奉仕委員長L篠﨑美千代、L窪村幸子

使用者の「ドアー」の声で誘導するアイメイト 、「グッド、グッド」と褒められる  常に使用者は「基本に忠実に」との理事長の言葉を胸に刻んでアイメイトと接する

アイメイト後援会から卒業生にプレゼントされる手作りマスコット。手渡す時にマスコットの服の色等も丁寧に説明される