2018年1月28日(日) 練馬区にある知的障害者施設「やすらぎの杜」の一足早い豆まきにメンバー14名、支部みらい1名、オブザーバー1名の計16名で慰問しました。あわただしく準備、例会を済ませて施設入所者70名が待つ2階に移動。会長挨拶、委員長挨拶、全員で踊るフラダンス、会場全員が赤と緑チームに分かれての玉入れゲーム、今年も元気で過ごせますようにと豆まき、みんなで歌う手遊び歌と盛り沢山。今年は太鼓の音もいれて一層盛り上がりました。「楽しかった」、「赤チームだったが2回とも負けて悔しかった」と皆さんの気持ちを聞くことができ、私達も嬉しくなりました。閉会後「また来年、来ますね」と言うと施設入所者の方々がエレベーター前まで来て、私たちを見送ってくれました。

※写真の上にマウスポインタをのせると拡大されます。

終了後に施設入所者の皆さんに配られる福豆とお菓子とFWTの渡辺Lからのドネーションの飴のカラフルなおやつ

会長挨拶するL石橋みどり
メンバーも会場入りから衣装,ウィッグ着けて勢揃い

2チームに分かれて赤・緑玉入れゲーム
太鼓の音に合わせみんなで大きな声でボールの数を数える
緑チーム 2戦2勝

入所者のお礼の寄せ書きとお土産を頂く会長L石橋、幹事L小川

お礼の寄せ書きと参加メンバー全員におみやげいただく
やすらぎの杜パン工房で作られたクッキーとドライケーキ

会場に行く前に参加者16名で集合写真