2018年10月13日(土)10時より、公益財団法人アイメイト協会にて第460期卒業式が開催されました。今回の卒業生は1名でした。この事業は、東京石泉LCと東京ウィルLCの共同の継続事業です。盲導犬との訓練期間は1ヶ月間ですが、今年はその期間中に気象観測上例のない大型台風24号25号が立て続けに本土上陸をしたため、風速40メートルという強風が襲うなど気温や気圧の段差で訓練生の体調も崩され、この厳しい環境下で卒業することが1名となってしまったようです。訓練自体はどんな環境下でも訓練続行で実行され、訓練生も指導員もそしてこれから共にする盲導犬も一緒になって厳しい訓練期間だったようです。今回の卒業式での贈呈式への参加は、会長L目黒千恵子、社会奉仕委員長L新井清子、PR委員L赤川緋沙子の3名でした。そのほかの参加者として 地元議員、桜田門LC2名、立正佼成会2名、アイメイト後援会2名、アイメイト同窓生1名、訓練指導員方々で門出をお祝いいたしました。この日はとても晴天で和やかな卒業式となりました。

※写真の上にマウスポインタをのせると拡大されます。

東京ウィルLC

アイメイト協会、塩屋隆男理事長から、卒業生へお祝いの言葉

東京ウィルLC

会長L目黒千恵子より、卒業生へお祝いの言葉

東京ウィルLC

社会奉仕委員長L新井清子より、卒業生に音声点字時計贈呈