第20期スタート 初例会開催

2021年7月1日(木) 東京ウィルライオンズクラブ第20期初例会が京王プラザホテル南園にて開催され、新メンバーを迎えて入会式が執り行われました。新型コロナウィルス感染症がいまだ終息しない状況下の中、感染対策に十分配慮しスタートしました。今期会長スローガン「思いをつなぐ」のもと活動して参ります。

(さらに…)


第19期最終例会

2021年6月17日(木)東京ウィルライオンズクラブ第19期最終例会が開催されました。
コロナ禍でのクラブ運営に苦慮しながら 通常例会開催が困難な状況の時はズーム例会を開催して1年間を乗り切った執行部メンバー、
奉仕活動においても行動の制限があり大変な1年でした。
今期、会長方針のヘアドネーション推進活動は330-A地区第67回年次大会においてFWT最優秀賞をいただくことが出来ました。

(さらに…)


6月度第一例会 故L石川知恵子 追悼例会

2021年6月3日(木)、東京ウィルライオンズクラブ はチャーターメンバーであるL石川知恵子が4月25日に急逝され、コロナ禍で御葬儀に参列することが叶わず、お別れに追悼例会を開催いたしました。
330-A地区FWT委員会の皆様はじめ多くのメンバーにご参列頂き、悲しみの涙が止まりませんでした。ご冥福を心よりお祈り申し上げます。
L石川知恵子は東京ウィルライオンズクラブ創設より19年間、誠実なお人柄と優しさ、そして自分に厳しく凛とした姿勢で奉仕活動や後輩ライオンの指導に尽力されました。
来期、東京ウィルライオンズクラブはチャーターナイト20周年を迎えます。L石川知恵子の熱いライオンズ魂を宿し、これからも力を合わせ活動していきたいと思います。

(さらに…)


4月度第1例会 お花見例会

2021年4月1日(木)、満開の桜・・・ではなく花吹雪もおわり新緑のさわやかな代々木オリンピックスタジアムの周辺散策をして日本オリンピックミュージアム見学をしました。
コロナ禍でなかなかメンバーが揃うことがなく久しぶりの笑顔にホッとしました。
懐かしい1964年東京オリンピックの写真やグッズに記憶がよみがえってきす。
長いオリンピックの歴史をトーチで物語るコーナーや彫塑品に平和を祈るオリンピックの意義パラリンピックの進化などを感じます。小さなミュージアムですが多くの情報が詰まっています。皆様も是非一度足を運ばれることをお薦めできる素敵な場所でした。
大江戸線国際競技場駅A2出口がエスカレーター・エレベーター完備で楽です

親睦委員長 L小川 晶子

ミュージアム見学後、久しぶりのホーム例会が京王プラザホテル南園にて開催され、
ライオンズにとり大きな希望となる、メンバー二人のお孫さんも参加してのファミリーな例会となりました。

(さらに…)


カタクリの花へ慰問

2021年2月26日(金)もうすぐ桃の節句の季節となるこの時期に、東京ウィ
ルライオンズクラブが継続事業としている介護老人保健施設「カタクリの花」へ慰
問しました。コロナ禍のため例年のようにメンバーと共に賑やかに伺うことは出来
ませんでしたが、これから訪れる春に合わせたお雛様の可愛らしく華やかな手作り
の押し絵、その他にも四季折々の彩り豊かな押し絵をお届けしました。
なかなか外出も難しい時節柄ですが、カタクリの花の皆様が押し絵を見て楽しい気
持ちで過ごしていただけることを願っております。

(さらに…)


ライオンズクラブ国際協会330-A地区アクティビティコンペティション決勝進出

2月22日(月)国立オリンピック記念青少年総合センターにおいて、ライオンズクラブ国
際協会330-A地区アクティビティコンペティションが開催されました。
東京ウィルライオンズクラブは、118クラブの応募から決勝に進出した16クラブに選出され、合同アクティビティ部門において「青少年の心を育むヘアドネーション推進アクティビティ」をテーマに発表しました。

(さらに…)


やすらぎの杜慰問

2020年12月8日(火)東京ウィルライオンズクラブが継続事業として慰問
している障害者施設やすらぎの杜に、ミカンとクリスマスを彩るバルーンをお届け
しました。毎年恒例の2月の豆まきはコロナウィルス感染拡大防止のため中止が決
まりましたが、また入所者の皆様と大きな声で「鬼は外、福は内」と豆まきが出来
る日常が早く戻ることを楽しみにしています。

(さらに…)


青少年育成 ヘアドネーションは身近な奉仕活動

2020年11月12日(木) 東京ウィルライオンズクラブは、潤徳女子高等学校の生徒さん・先生方にへアドネーションの必要性についてお話させて頂きました。生徒さん達との活発な意見交換から、ヘアドネーションを身近にある奉仕と理解していただくよい機会になったと感じています。
今年はコロナの影響で校外ボランティアが全て中止となり生徒達の活躍する場がなかったが、ヘアドネーションはこの状況下でも出来るボランティアであると校長先生からも評価して頂きました。

(さらに…)


公益財団法人アイメイト協会に寄付金の贈呈

2020年11月19日(木)、東京ウィルライオンズクラブは継続事業である視覚障がい者支援として、公益財団法人アイメイト協会の塩谷隆男理事長に寄付金をお渡ししました。
今年4月より、新型コロナウィルス感染拡大防止のため卒業式にクラブメンバーが出席することは叶いませんが、厳しい訓練を終えた卒業生の皆様に、直接お祝いと激励の言葉を送り、握手をして送り出せる日が再びくることを楽しみにしております。

(さらに…)


11月度第2例会 進藤義夫ガバナー・ご意見伺い隊をお迎えして

2020年11月19日(木)京王プラザホテル南園にて11月度第2例会が開催されました
330-A地区進藤義夫ガバナー・ご意見伺い隊北岡知子Lがお越し下さり、本来の例会式次第に沿って進行し、君が代・ライオンズヒム・黙祷が行われました。審議事項の後に進藤義夫ガバナーと北岡知子Lウィルメンバーとの間で活発な質疑応答が行われ、時間が足りないほどでした。
今期の主たるアクティビティである、ヘアドネーション推進活動が合計60名分に達した報告と協力したメンバーに会長より感謝状とバッチが贈呈されました。また例会時に古本募金54冊を集め、当日配送の手続きをしました。

(さらに…)


青少年育成 ヘアドネーション推進活動

2020年10月7日(水)東京女子学院中学・高等学校において、コロナ予防対策をとり、全校生徒230名に2度の講演を行いました。ウィル作成のヘアドネーションのパンフレットが配布され、生徒さんは熱心に受講してくれました。事前活動として9月28日(月)同校のボランティア部を訪問、ヘアドネーションによって作られた医療用ウィッグを実際に見て頂き理解を深めました。今後、ボランティア部の生徒が中心となり活動を広めていく予定です。
講演後、早速にヘアドネーションに協力して頂いた生徒さんに、感謝状とゴールドリボンを贈呈しました。

(さらに…)


環境保全活動 向山庭園植樹式

2020年10月15日(木)、練馬区立向山庭園に於いて、練馬区より文化生涯学習課長 稲永陽子様をはじめご来賓6名、330-A地区 進藤義夫ガバナー・第7R-3Zゾーンチェアパーソン齋藤勝美Lをはじめライオンズクラブご来賓・ご協力メンバー9名、東京ウィルライオンズクラブメンバー16名が出席し、「曙(アケボノ)」と「西王母(セイオウボ)」の2種類の椿の苗木を植樹しました。
区民の皆様が憩う茶室のある庭園に椿の淡桃色の花が咲き誇る日を楽しみに、心を込めて土かけ、水かけの作業を行いました。

(さらに…)


330-A地区 第7リジョン ガバナー公式訪問合同例会

2020年9月17日(木)ホテルメトロポリタンにて、第7リジョン14クラブでガバナー公式訪問合同例会(懇談会及び懇親茶話会)が開催された。新型コロナウィルス感染の影響により参加者が制限され、各クラブより会長・幹事・会計の3名が出席、総勢50名が参加した。
進藤義夫ガバナーよりパワーポイントによる運営方針が熱い思いで語られ、特にコロナ禍での退会防止について、各クラブでもさまざまな退会防止対策を検討して欲しいと述べられた。

(さらに…)


ヘアドネーション活動の推進・パンフレット作成

2020年9月度第1例会、第2例会が京王プラザホテル南園で開催され、メンバーに現在まで寄付されたヘアドネーション、配布用パンフレットが披露されました。
新型コロナウィルス感染拡大によって限られた奉仕活動が強いられる中、東京ウィルLCではヘアドネーションの支援活動を推進しています。がんや先天性無毛症などによって毛髪を失ってしまった子供たちの日々が、笑顔で満たされるよう願いを込めてメンバー一同取り組んでいます。

(さらに…)


第19期スタート 初例会開催

2020年7月2日 東京ウィルライオンズクラブ第19期がスタート、初例会を開催しました。新型コロナウィルス感染症が全世界に拡大している厳しい状況でどのような奉仕活動が出来るかを模索しながら、会長スローガン「育てよう 奉仕の心」のもと活動して参ります。

(さらに…)