2018年9月25日(火)池袋ホテルメトロポリタンにて、「第7Rガバナー公式訪問合同例会」が、1Z・2Z・3Zの13クラブにより開催されました。事前懇談会には会長L目黒千恵子、幹事L髙橋英里が出席、ガバナーとの活発な意見交換、交流がなされました。「LCIFフォワードとGATについて」、全日本レベル日本ライオンズクラブ監査委員・330C地区元地区ガバナー名誉顧問L濱野雅司講師によるセミナーが行われました。合同例会では、今井文彦ガバナーより「101年目の第一歩、全メンバーでつづるアクティビティの始動」という情熱あふれるお話を伺い、出席者全員が和やかな中にも身の引き締まる思いがしました。

※写真の上にマウスポインタをのせると拡大されます。

東京ウィルLC

今井文彦ガバナーの 情熱あふれる お話

東京ウィルLC

FWT東日本エリアリーダー L小川晶子による、今井ガバナーへの歓迎の挨拶

東京ウィルLC

東京ウィルLC会長L目黒千恵子より、当日のチャリティボックス「北海道胆振東部地震災害義援金」を今井ガバナーへ7R代表で贈呈

東京ウィルLC

ウィルLC L本橋京子へ、LCIF1,000ドル献金に対し、今井ガバナーよりガバナーバッジが贈呈される

東京ウィルLC

全員で手をつなぎ、恒例の「また会う日まで」